ホワイトニング

HOME > ホワイトニング

歯を削らずに白くする方法「ホワイトニング」

ホワイトニングとは、食事や生活習慣などで黄ばんでしまった歯を、専用の薬剤を用いて漂白する方法です。歯を削らずに白くてキレイな歯が手に入る方法として、女性を中心に人気となっています。

その方法には、歯科医院で行う「オフィスホワイトニング」と、自宅で行う「ホームホワイトニング」の2種類があります。

オフィスホワイトニングとホームホワイトニングの違い

  オフィスホワイトニング ホームホワイトニング
施術方法

歯科医院で行うホワイトニング。高濃度の薬剤を使用し、特殊な光を当てて薬剤の効果を高めます。

専用のマウスピースを作製し、ご自宅で行うホワイトニング。好きな時間に好きな場所で簡単に行えます。
特徴 1回の通院でしっかりとした効果を得られますが、色が戻りやすいというデメリットもあります。 効果が現れるまでに約2週間かかりますが、色が戻りにくく効果が長続きします。
シェードガイドの利用

シェードガイドとはホワイトニングの際に使用する人間の歯の色見本です。治療前の歯の色調の目標設定にも活用できるほか、ホワイトニングの治療前後に見比べることで、治療の効果を一目で確認することができます。

ホワイトニングの注意点

ホワイトニングをしても、歯の色はだんだんと戻ってしまうもの。できるだけ白さを維持するには適切なケアが大切です。カレーやコーヒー、紅茶、赤ワインなど、着色しやすいものを口にした場合は、時間を空けずに早めに歯磨きをするようにしましょう。また、定期的に歯科医院でのクリーニングを受けることで、歯の白さをより長持ちさせることができます。

このような場合はご注意ください
  • 虫歯がある方
  • 冷たいものがしみる方
  • 歯が削れている、すり減っている方
  • 妊娠・授乳期の方

ホワイトニングは手軽にキレイな歯を実現できる方法ですが、施術には適した場合とそうでない場合があります。上記に当てはまる方は、歯科医師にきちんと相談し、時期をずらす、他の治療を先に済ませるなどしましょう。

ホワイトニングQ&A

1回のオフィスホワイトニングで白くなりますか?
白くなる度合いには個人差があるため、着色が濃い方などでまれに色の変化を実感しにくい方もいらっしゃいますが、施術により色は必ず変化します。施術前の写真などと比較すると、効果を実感していただきやすくなります。
ホワイトニングの効果はどのくらい持続しますか?
個人差がありますが、一般的に半年は効果が持続すると言われています。なお、着色しやすい飲食物をよく摂っている場合や喫煙している場合、歯磨きがしっかりできていない場合などは持続期間が短くなってしまいます。
詰め物や被せ物も白くできますか?
天然歯と違い、詰め物や被せ物は白くなりません。ホワイトニング終了後、詰め物・被せ物の見た目が浮いてしまう場合は、新しい物への交換が必要になることがあります。
歯や身体への副作用はありますか?
安全な薬剤を使用するため、副作用などはありません。なお、ホワイトニング後は一時的に冷たい物や熱い物がしみたり、歯ぐきに炎症が起きたりすることがありますが、すぐに治まりますのでご安心ください。
矯正中にホワイトニングはできますか?
歯の表面(唇側)に矯正装置をつけている場合、ホワイトニングはできません。裏面(舌側)に付けている場合や、マウスピースによる矯正治療の場合は、問題なくホワイトニングできます。
飲食について、施術後に気をつけることはありますか?
施術後24時間は喫煙や着色しやすい飲食物の摂取を避けてください。
例:カレーライス、トマトソース、キムチ、醤油、コーヒー など

ホワイトニングのことなら当院にご相談ください

「モデルのような白い歯を手に入れたい」という方も、「本当に白くなるのか不安」という方も、まずはお気軽に当院までご相談ください。患者様のご要望をしっかりとお伺いし、お口の状態を確認したうえで、適切な方法をご提案させていただきます。