インプラント治療

HOME > インプラント治療

自分の歯のようにしっかり咬める

インプラント治療とは、歯を失った顎の骨にインプラント(人工歯根)を埋め込み、そこにアバットメント(連結部品)を取り付け人工歯を被せることで、歯の機能と見た目を回復させる治療法のことです。チタン製の人工歯根は顎の骨との結合がよいため、まるでご自分の歯のようにしっかり咬むことができ、見た目も自然です。

浜松町・大門の歯医者「世界貿易センター歯科クリニック」では、インプラント治療を行っています。顎の骨の状態によっては治療が困難な場合もありますので、まずは一度ご相談ください。

インプラント治療の流れ

STEP1 STEP2 STEP3 STEP4 STEP5
歯ぐきを切開し、顎の骨に穴を開けます。 顎の骨にインプラントを埋め込みます。 歯ぐきでインプラントを覆い、骨とインプラントが結合するのを待ちます(3~6ヶ月)。 歯ぐきを再び切開し、アバットメント(連結部品)を装着します。 アバットメントの上から人工歯を装着します。治療完了です。

「骨量が足りずインプラント治療ができない」と診断された方へ

インプラント治療を行うには、人工歯根の埋入に耐えうる十分な骨量が必要になります。骨量が少ない場合には、移植や再生で骨量を増やすことで、インプラント治療が可能になることがあります。

サイナスリフト

上顎の骨の奥にある空洞「上顎洞(じょうがくどう)」の底部を持ち上げ、そこにできた空間に骨補填材を注入する方法です。骨の厚みが5mm以下の場合に適応されます。サイナスリフトによりインプラントを埋めこむことができるだけの骨の厚みを確保できたら、インプラント治療を行います。

ソケットリフト

サイナスリフトと同様、顎の骨の奥にある空洞「上顎洞」の底部を押し上げ、そこへ骨補填材を注入して骨量を確保する方法です。骨の厚みが4~10mmの場合に適応されます。歯ぐきの切開が不要で、術後の痛みや腫れが少ないといったメリットがあります。

GBR

顎の骨が薄い箇所に「メンブレン」という特殊な膜を設置し、そこに自家骨(移植のために身体の別の場所から採取した骨)や骨補填材を詰めて、骨の量を確保します。