セラミック審美歯科

HOME > セラミック審美歯科

セラミックで白く美しい歯に

セラミック審美歯科とは、審美性と機能性を両立させた歯科診療のことです。銀歯を白いセラミックの歯に替えることで見た目を改善させるだけでなく、金属アレルギーのリスクを回避する、軽度の歯並びを整えるなど、機能性を向上させることもできます。

浜松町・大門の歯医者「世界貿易センター歯科クリニック」では、患者様のご要望やご予算に応じて、最適な治療をご提案しています。歯の見た目にコンプレックスを感じている方は、ぜひ一度ご相談ください。親身になってご相談を承ります。

銀歯をそのままにしておくと…

銀歯は、ほとんどのケースで金銀パラジウム合金という金属でできています。金属は銀色の見た目が気になるだけではなく、天然歯に比べると硬いため咬み合う歯を傷付ける可能性がある、金属アレルギーを引き起こすことがあるといったデメリットがあります。

金属アレルギーの危険性

銀歯に使用されている金銀パラジウム合金は、長期間使用していると劣化する可能性があります。劣化すると金属はイオン化して溶け出し、溶け出した金属イオンが血中に取り込まれ金属アレルギーを引き起こすことがあるのです。

セラミック治療をおすすめする理由

金属の詰め物・被せ物をセラミック素材のものに替えるセラミック治療には、機能性や審美性などさまざまなメリットがあります。

理由1
好印象を与える

ニコッと笑ったときに見える歯の見た目は、人の第一印象に大きく影響します。黒く変色した歯や黄色く劣化した歯よりも、白くキレイな歯のほうが人に好印象を与えるのです。セラミック素材の詰め物・被せ物は、天然歯のような透明感と美しい白さを実現できます。


理由2
自分の望む白さにできる

セラミック素材は、さまざまな色調を自由に選択することができます。周囲の歯よりも少し白くしたいといった希望にもお応えできます。


理由3
歯ぐきが黒くならない

金属は長期使用により劣化し、金属イオンが歯ぐきに漏れ出すと歯ぐきが黒くなってしまうことがあります。セラミックの場合、そのようなことはありません。一度黒くなってしまった歯ぐきは自然に元の色に戻ることはありませんので、金属を使わない治療をおすすめします。


理由4
金属アレルギーにならない

セラミック素材を使うため、金属アレルギーのリスクはなく、金属アレルギーによる症状に悩まされることもありません。


理由5
キレイな状態を長期間維持できる

陶器の材料でできているため、変色や劣化がありません。長期間キレイな状態を維持できます。


理由6
咬み合う歯を傷付けない

金属素材の詰め物・被せ物の場合、強度が高いため、咬み合う歯を傷付けてしまうことがあります。セラミック素材は適度な強度と軟性があるため、咬み合う歯を傷付けることはありません。


差し歯、神経を抜いた歯の寿命を延ばすポイント

歯の神経がないと歯に栄養が行き届かず劣化していき、最後には歯が割れたり折れたりしてしまいます。差し歯や神経を抜いてしまった歯は、割れやすくなり寿命が短くなってしまうのです。差し歯、神経を抜いた歯をお持ちの方、これから治療を行う方は、以下をぜひご覧ください。

ポイント1
デンタルフロスを使用しましょう

歯と歯の間は、虫歯になりやすい場所。虫歯によって歯の寿命が縮まないよう、歯磨きに加えデンタルフロスを使うようにしましょう。


ポイント2
歯周病ケアをしましょう

歯周病になってしまうと差し歯を支えている骨が溶け、悪化すると歯が抜けてしまいます。歯周病にかかっていないかチェックするとともに、定期的に歯のクリーニングに通って歯周病ケアをしましょう。


ポイント3
歯ぎしりを防止しましょう

歯ぎしりやくいしばりなどの強い力は歯を傷めてしまいます。歯ぎしり防止のマウスピースを使用して、歯にかかる負担を軽減させましょう。


ポイント4
金属の素材は避けましょう

金属素材を使った土台は、歯よりも硬いため歯が割れてしまうことがあります。金属の土台ではなく、グラスファイバー製の土台を使うことで、歯に強度と粘りが加わり割れにくくなります。

また、金属素材を使った差し歯は、経年劣化により黄ばんでしまったり、金属イオンが溶け出し歯ぐきが黒くなってしまったりすることがあります。金属を使わないオールセラミックの素材であれば、歯ぐきの変色を防ぐことができます。


ポイント5
インプラントがおすすめです

入れ歯やブリッジは、残っている歯に負担をかけてしまうことがあり、歯の寿命を短くしてしまいます。残っている歯に負担をかけない治療法として、インプラントをおすすめします。インプラントは周囲の歯を支えにしたり、削ったりする必要がないため、歯にダメージが加わらなくて済みます。


歯は治療を繰り返すたびに寿命が短くなります

歯科医院に来院される患者様の7割は、以前虫歯治療を行った箇所の被せ物・詰め物の不良による再治療です。耐久性のある素材を用いていない場合や、きちんとメンテナンスを行っていない場合に、再治療が必要になってしまいます。

歯は治療を繰り返すたびに寿命が短くなります。長期に歯を維持するためには、再治療を繰り返さないような治療を行うことが重要です。